Blender基本のチュートリアル-2/2(マテリアルからレンダリングまで)

テクスチャの設定

label

ラベルのテクスチャを設定していきます。あらかじめこのようなラベル画像を作成しておきます。

blender_basic_tutorial_add_texture

ラベルのオブジェクトを選択して、プロパティウィンドウのコンテキストからTextureを選択し、Newをクリックします。

blender_basic_tutorial_select_texture_type

TypeのドロップダウンメニューからImage or Movieを選択します。

blender_basic_tutorial_open_texture_image

Openボタンを押して、用意していたラベル画像を選択します。

blender_basic_tutorial_change_screen

画面の上の方にあるScreen SelectorからUV Editingを選択して、作業スペースを変更します。(戻るときはDefaultを選択します。)

blender_basic_tutorial_unwrap_label_mesh

左側の下側のドロップダウンメニューに先ほど読み込んだ画像があるので選択します。右側の3DViewにおいて、Editモードにして、ラベルの頂点を全選択し、ヘッダーメニューからMesh>Unwrap>Unwrapを選択します。

blender_basic_tutorial_adjust_uv_to_image

左側にラベルのメッシュが平面上に展開されるので、GSコマンドなどを使ってフィットさせます。

blender_basic_tutorial_set_texture_mapping

Select ScreenからDefaultを選んで、画面を元の作業スペースに戻し、TextureのプロパティウィンドウのMapping>CoordinatesのドロップダウンメニューからUVを選びます。

blender_basic_tutorial_after_setting_texture_redering

F12を押して確認します。よく見ると裏表と上下が反転しています。もしこうなった場合は、もう一度UV Editingのスクリーンに戻って修正します。

blender_basic_tutorial_mirroring_uv_mapping

左側の画面で、Ctrl+Mを押すと画面の右下のように、どの軸を基準に反転するか聞かれるので、この場合Yを押して、Enterで確定します。